Great Shapeの介護予防運動 ~楽しく、いきいきと暮らしていくために~


 

2006年6月に発表のデータによると、2005年10月1日現在、日本における65歳以上の高齢者人口は2682万人。1億2776万人に占める割合は21.0%となり、日本は世界最高水準となりました。(2005年国勢調査抽出速報集計結果より)

筋力は20~30歳くらいからピークと言われ、60歳くらいから急速に衰えます。70歳を過ぎると20代のころに比べ、30%以上減少します。

加齢に伴い、確実に筋肉は衰えます。筋力の低下を防ぎ、介護にならないカラダをつくりには、運動をすることが最も効果的です。

 

問い合わせ

 


Great Shapeの介護予防運動の4つの特徴

①指導経験10年以上の豊富な経験を持つ有資格者によるプログラム作成

運動指導経験10年以上、有資格者で豊富な経験を持つ運動指導者が科学的な根拠を元に運動プログラムを作成します。
介護予防運動プログラムは、参加者の方々の状況にあわせてオリジナルのプログラムを作成いたします。
介護度が混在していても問題ありません。
定期的に運動プログラムを見直し、効果の高い最適な介護予防運動を実施いたします。
介護予防運動指導者の派遣だけでなく、施設のスタッフの方が実施できるようにプログラムの提供も行なっています。

 

②認知症予防もできるGS式認知症予防プログラム導入

運動だけでなく、脳(認知症予防)を意識し、自然にできる、GS式認知症予防プログラムを取り入れています。
コーディネーショントレーニング(脳とからだのトレーニング)を意識した動きをを取り入れており、自立の方から介護度5までの方に対応したプログラムを作成することができます。
QOL(生活の質向上)を意識し、レクリエーションも取り入れ、「楽しみながら」、「効果的に!」

・コミュニケーションを大切にしています!
介護予防運動前後のコミュニケーションを大切にしています。
高齢者を敬い、敬語で接し幼稚な言葉を使いません。
参加者に、元気とパワーをお届けできるよう「笑顔」を徹底しています。

 

③定期的なスキルチェックによるインストラクターの指導力強化を実施

運動指導者の指導のスキルチェックを定期的に行っています。
インストラクターを選んでいただくことができます。ご要望に応じ変更も可能です。

 

④法人向け:イベント企画・運営などスタッフの負担を軽減します。

スタッフの方の負担が軽減します。
毎年のイベント企画や運営のサポートをいたします。(オプション)
運動指導者を派遣するだけでなく、施設のスタッフの方が実施する場合、定期的に介護予防運動プログラムをご提供し実施できるよう研修を行います。介護予防に関してのプログラム作成に、多くの時間を費やすことがなくなり、精神的な負担がなくなり本来の「介護」の仕事に専念することができます。(オプション)

 

 

Great Shape機能訓練の企画(個人に合わせた最適な計画作成の流れ)

理学療法士、作業療法士とパーソナルトレーナーなどの有資格者により、計画を作成し評価を行います。

image1

 

高齢者施設のお客様より高く評価されております


 

◆高齢者施設の方向け研修

施設のスタッフが体操を実施している、またはこれからスタッフの方が介護予防運動を実施する予定があるという施設様向けの研修です。また、スタッフの方のからだのケアのためのセミナーも実施しています。
体はもちろんのこと、脳の体操、レクリエーションのバリエーションもご紹介いたします。
特に介護関わるスタッフの方がはとても腰痛が多いため腰痛予防のセミナーなども好評です。
弊社での蓄積した経験と実績。そしてデータをもとに翌日から、現場ですぐにご活用できる内容です。

 

<研修実施例>

・介護スタッフの方の為の腰痛対策セミナー
・介護のスタッフの方が毎日できる介護予防運動~明日から現場で実施できる!~
(動作と筋肉の動きについて・運動と効果・プログラムの作成方法・インストラクションテクニック、実習、など)
・福祉の現場でのマナーセミナー
高齢者施設のお客様より高く評価をいただいております。
・認知症予防プログラムの実施(体と脳を活性化!)
・からだのしくみを考えて、運動プログラムを作成する。

 

◆高齢者施設でのイベントの企画・実施

納涼会、敬老の日のイベント、運動会、クリスマス、お正月、ひな祭り、お花見、などのイベント企画・運営・実施。


 

問い合わせ